ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
 >  『ユビキタス社会の将来』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  ヴァイラルアーティクルの方向性について!

ヴァイラルアーティクルの方向性について!

スポンサードリンク




ヴァイラルアーティクルの方向性について! 著 者: 小林正寿

ヴァイラルアーティクルは想定外の動きをしています。


当初、わたしがアーティクルマーケティングを日本に定着させるために用意した
基地としてヴァイラルアーティクルをランチさせました。


普及するには半年ぐらいを想定していました。しかし、毎日メンバー登録者は増え続け
アーティクル投稿数も加速しています。


これはWeb 2.0的な潮流が日本でも英語圏と時空をシンクロしているからではないでしょうか。
ユーザーが主導権を握り、良いものを選択していく。
また、大切な人に有益な情報を教えてあげる流れ・・・


わたしはこのWeb 2.0の潮流を最大限に活用するための無料サービスを4つ準備してから
ヴァイラルアーティクルをランチさせました。今まで、5年進んでいる英語圏の手法
を取り入れることにより常に大きな効果を比較的簡単に手に入れてきました。


しかし、このWeb 2.0の潮流は時差がありません。これからがわたしの経営者としての
資質が問われると覚悟しています。
まだ、だれも明確にWeb 2.0を定義して完成モデルを手に入れていません
。わたしなりのビジネスモデルはとりあえず4つのサイトを無料開放することでマーケットに
評価していただくつもりです。この4つはそれぞれが異なるサービスですがコンセプトは
一貫しているので連動することで効果を最大限に持って行くことができると想います。


2006年11月には最低1つのサービス、できれば2つのサービスを無料開放する予定ですが、
まずはヴァイラルアーティクルの方向性をお話します。


ヴァイラルアーティクルは悪戯に量を追求しません。完全に質を重視しています。
そして、どんなに現在無名でも内容の素晴らしいアーティクルを書く人が
どんどん世の中に露出していけるような環境を整えて生きたいと考えています。


カテゴリーも希望があれば審査して追加しています。
ユーザー主導ですからこのカテゴリー追加も自然な流れです。


ブレイナーズは難しいと言われ続けてきましたので、ヴァイラルアーティクルのシステムは
比較的シンプルなものをまずは用意しました。ヴァイラルアーティクルが
本のインタネット上でより認知されるようになれば更なる高スペックのシステムに
入れ替える予定です。既にシステムは用意されています。


ヴァイラルアーティクルには専任の担当者を配備しています。
これから追加されるサービスにも担当者を追加する予定です。


なぜ、わたしは目先の利益を生まないこれら一連のサービスを提供しているのでしょうか?
それは、このWeb 2.0の潮流はインタネットマーケターの将来を変えてしまうほどの
潜在力を持っているからです。この潮の流れを適切に読みきらないと
存在すらできなくなってしまう危険性を感じています。
しかし、逆に適切に読みきればとんでもない成果をもたらしてくれると想います
。ですから、来年はある人には大不況となりますが、ある人にはバブルとなると考えています。


あなたはどちら側の人ですか?


============================================
Internet Marketing Consulting
Fastest & Lowest Risk for Internet business!
============================================

日本のインタネットマーケティングを変え続ける

brainers(ブレイナーズ)
小林正寿


============================================

スポンサードリンク



コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』関連エントリー

● 日米同盟を基軸としつつ核武装、自主的軍隊の創設は可能でしょうか? アメリカにしろ中国にしろ大国の本音は覇権主義であり、 アメリカから見たら日本なんてその手段であり道具に過ぎません。 アメリカが日本...
●インターネット規制法による言論弾圧 情報通信法の危険性。 言論統制は政府と独立した機関が行うべき。 政府による言論統制を防ぐ役割も持つべき。 国民の反対がなければ、政府が自分たちに都合 のよいように...
インターネットの未来はどうなるか? あなたは、どんな未来のインターネットを理想としますか? あなたは、どんな未来のインターネットを予想としますか? 僕が理想とし、実現を予定しているのは、 「みんながお...
インターネットの未来は、パソコンからの解放から始まります。インターネットの未来にはいったい何が存在しているのか。 インターネットはコミュニケーションが大切です。 一般人にとってインターネットはコミュニ...
ヴァイラルアーティクルの方向性について! 著 者: 小林正寿 ヴァイラルアーティクルは想定外の動きをしています。 当初、わたしがア...
インターネット社会の未来には、瞬間移動が実現されます。インターネットの未来は予想の範疇を超えていますね。東京からイタリアにどうやって瞬間移動したのでしょうか。
インターネット社会の未来には、人々は瞬間移動をする。東京からイタリアへ、その移動時間は一秒以内!インターネットの未来は本当に恐ろしいことを実現してしまいますね…。
●インターネットの未来:ビルゲイツの引退に見る● 『インターネットの未来:ビルゲイツの引退に見る』に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキングからインターネットの未来を感じる ★興味のある方は...
アフィリエイト市場拡大の先にどんなインターネットの未来が待っているのか?その答えを日本とアメリカのアフィリエイト市場の比較から導き出す。インターネットの未来は…
『ヴァイラルアーティクルの方向性について! 』関連エントリー記事


日米同盟を基軸としつつ核武装、自主的軍隊の創設は可能でしょうか?
アメリカにしろ中国にしろ大国の本音は覇権主義であり、
アメリカから見たら日本なんてその手段であり道具に過ぎません。
アメリカが日本の自主性回復を望まないのは明白と思いますが…


可能か不可能かで言えば、不可能といいきることはできませんし、
核武装をして、自主的軍隊を持つ国はたくさんあるので、可能と
いうしかありません。中国の軍事的脅威の拡大に便乗するのが、
一番近いチャンスではないでしょうか?

アメリカが望まないことを絶対にやってはいけないわけではない
ですし、アメリカが望まないことは絶対不可能なわけではありません。
安倍元首相がやろうとしたように、諜報機関の創設の工作員の育成
から始めなくてはいけないので、かなり長い時間がかかりそうですが。

アメリカの敵国である中国やロシアや中東諸国や南米諸国などの脅威
を利用すれば、アメリカも日米同盟を強化するために、アメリカの力を
超えない範囲で日本の軍事力強化を容認する可能性があります。


確かに佐藤内閣下ではなりかけたこともありますね。
ただ大国の基本的なスタンスは5大国による世界の固定支配です。
経済、領土問題を見ても安保下での、特に核武装はかなり難しいと思います。
アメリカは自国の利益でしか動きません。
安倍元総理の憲法改正案や安全保障をみても
本当の意味での軍事力の独立は構想していないように思いますが。
もし核武装するなら完全な安保破棄と自主防衛の気概が無いと不可能だと思います。


安倍元総理が何を考えているかはわかりませんが、諜報機関や優秀な工作員を
確立したあとでないと、軍事力の独立を表明することはできないのは明白です。
アメリカは自国の利益でしか動かないかもしれませんが、ベトナム戦争やイラク戦争


私はそもそも自民党が保守政党と思いません。
結党から現在までを見ても。
核武装というのはそれ自体が他国に頼らない独立した軍事システムの構築を意味します。
工作員の以前に通常兵器システムを攻撃力のある自己完結したものにしていなければなりません。
自衛隊は知っての通り防衛に偏重した装備です。
これらを放置してきたことはまずもって日本に本当の保守政党が無かったことを意味すると思います。


自民党が全体としては保守政党でないのは確かにそうですが、
麻生元首相・安倍元首相・稲田朋美議員などをはじめとした
保守政治家が一番多いので、一応支持しています。

通常兵器システムを攻撃力のある自己完結したものにしていく
ために優秀な工作員が必要というのが私の考えです。
裏からも相当な圧力がかけられるでしょうから、それに対応できる
ようになってはじめて、保守的思想に基づいた政策を実施できる
ようになるでしょう。

それ以前に保守的な世論を作らないと、マスコミを中心とした
国内の反対で政権が潰れるということが、麻生政権や安倍政権
を見ていてわかったので、インターネットや口コミを通じて保守的
な思想の重要性を解いていく必要もあると思います。


『保守』をどこから定義するかは人それぞれですが
今回の尖閣問題でのコメントを聞いていても少なくとも
安倍さんに明確な国家目標があるのかは疑わしいところです。

いや自民党自体に無いでしょう。自民党にも左派から右派までいますし、
自民党も民主党も壊れて保守本堂が合流する政界再編が無ければ、
保守思想は広まらないでしょう。

●インターネット規制法による言論弾圧
情報通信法の危険性。
言論統制は政府と独立した機関が行うべき。
政府による言論統制を防ぐ役割も持つべき。

国民の反対がなければ、政府が自分たちに都合
のよいように情報統制するのは自然なこと。
インターネットの情報で政府に不都合なものを
何でも名誉棄損で削除したい。

また、審査機関と癒着するだけの財力のある
個人や組織もインターネットの情報統制を好きな
ようにやれるようになる。

インターネットには実際に悪質な名誉棄損も存在し、
規制が弱まれば工作活動も盛んになるので、
規制自体は必要である。

司法が行政から独立すれば、司法で判断するのが
よいが、現状では別に行政から独立した
インターネットの情報を判断する期間が必要。

*喜八ログでの問題提起をきっかけにインターネット
の言論弾圧について書きました。


 >   >  『ヴァイラルアーティクルの方向性について! 』のページ上部へ↑
 >  『ユビキタス社会の将来』カテゴリー記事一覧へ
『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーをチェック
最近の記事
  • auのCA004って機種の保険サービスについて
    ◆auのCA008(CA004に訂正)って機種の保険サービスについて 携帯の事で聞きたい事があって。教えて下さい。 auのCA008(CA004に訂正)って機種の保険サービスに入ってて、月300円払え...
  • 当ブログ訪問者のその他の検索キーワードランキング
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 当ブログの人気キーワードランキングベスト10
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • カテゴリー名・説明文の変更と「悪と正義のコピペ」について
    [「 インターネットの未来~web2.0を超えて~」のアクセス解析]というカテゴリー名を「このブログのアクセス状況」に変更します。「インターネット社会の未来【インターネット社会の未来とは?】」というカ...
キーワードランキング
『インターネットの未来』の関連キーワードをリストアップ!