ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

スポンサードリンク



インターネット社会の未来を担う、ユビキタス社会の問題点と利点を分析して意味を見出します。スマートシティ構想とも呼ばれる理由となっている特徴をメリット・デメリットの両面から分析します。

« 2007年09月 | 『インターネットの未来』2008年03月 »

『インターネットの未来』の最新記事【2008年01月】

【抜粋】インターネット社会の未来には、街を歩く人の匿名性が失われる。 情報端末によって常に必要最低限の個人情報を発信し、一定の距離に近づいた人がそれを受信する。 名前の読み方も聞くまでもなく分かるのでコミュニ... 【本文】

インターネット社会の未来には、街を歩く人の匿名性が失われる。
情報端末によって常に必要最低限の個人情報を発信し、一定の距離に近づいた人がそれを受信する。
名前の読み方も聞くまでもなく分かるのでコミュニケーション効率が良くなる。
性格や現在の気分もわかるのでコミュニケーションが円滑に進む。

インターネット社会の未来には、美容院やエステや病院の予約が自動で行われる。
ほかの予定を先に決定していれば、機会が過去のデータから最も最適な時間帯を勝手に予約する。

インターネット社会の未来では、過去の行動記録と行動に対する評価をもとに最適な将来の予定を立ててくれる。
死亡の時期を予測し、そこから逆算して最適な未来の予定を立てる。

インターネット社会の未来では、人々のニーズが正確に計算されてそのニーズを満たす事業を行うのに最適な人に詳細な情報が送られる。

インターネット社会の未来では、普通の人が自分専用のソフトウェアを自由に作成できる。
すでにできあがったパーツを組み合わせることで作成する。
組み合わせのミスマッチによる不具合はコンピューターが自動的に修正してくれる。


『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • インターネット社会の未来、ユビキタス社会の未来に実現することを予測。
    インターネット社会の未来には、街を歩く人の匿名性が失われる。 情報端末によって常に必要最低限の個人情報を発信し、一定の距離に近づいた人がそれを受信する。 名前の読み方も聞くまでもなく分かるのでコミュニ...
  • カテゴリーをチェック
    最近の記事
    キーワードランキング
    『インターネットの未来』の関連キーワードをリストアップ!