ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

スポンサードリンク



インターネット社会の未来を担う、ユビキタス社会の問題点と利点を分析して意味を見出します。スマートシティ構想とも呼ばれる理由となっている特徴をメリット・デメリットの両面から分析します。

« 2008年11月 | 『インターネットの未来』2009年01月 »

『インターネットの未来』の最新記事【2008年12月】

【抜粋】インターネットの未来においてはネットワークには実名で参加するのが原則となる。 プロバイダーが個人情報の確認と保存を行う。 匿名の違法ネットワークの追及のすえにほぼ実名のネットワークが完成する。 インタ... 【本文】

インターネットの未来においてはネットワークには実名で参加するのが原則となる。
プロバイダーが個人情報の確認と保存を行う。
匿名の違法ネットワークの追及のすえにほぼ実名のネットワークが完成する。
インターネットセキュリティが改善し、匿名だったころのトラブルもなくなる。

今のインターネット情報の質の向上を見るとそう遠くない未来には、
個人の活躍によりインターネットで得られる情報の質が格段に上がっている。

ユビキタス社会では人にICチップが生みこまれ、自動改札や自動レジなどで、
人の流れがスムーズになっている。
ユビキタスのネットワークで人々の実名と情報によるつながりはますます深くなっている。


『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • インターネット社会の未来、ユビキタス社会の未来の予想メモ
    インターネットの未来においてはネットワークには実名で参加するのが原則となる。 プロバイダーが個人情報の確認と保存を行う。 匿名の違法ネットワークの追及のすえにほぼ実名のネットワークが完成する。 インタ...
  • カテゴリーをチェック
    最近の記事
    キーワードランキング
    『インターネットの未来』の関連キーワードをリストアップ!