ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
 >  『ユビキタス社会の問題点を課題として解決していく』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  ユビキタス社会の問題点は監視社会化?

ユビキタス社会の問題点は監視社会化?

スポンサードリンク



●ユビキタス社会の問題点は解決すべき課題
ユビキタス社会の到来自体はほぼ確実である。現在も少しずつ確実に進んでいる。そのためユビキタス社会の問題点は解決すべき課題としてのみ考える。

・ユビキタス社会の問題点は監視社会化?
政府や大企業や国際機関などが情報を把握しすぎる。監視が強くなりすぎることを多くの人が恐れています。グーグルストリートビューが日本で公開された時も監視に対する恐怖に基づく言論があふれました。すでに諜報機関や軍事機関ではリアルタイムのグーグルアースのようなもので監視が行われており、その応用が市民にも活用できるようになったよい話だったのに。

◆ユビキタスは社会の問題点を監視してくれる
ユビキタス社会が進んではじめて監視されるのではなく監視されていることがわかりやすくなるのです。どちらにしろ行う監視にかかる税金を節約できるメリットもあります。善良な個人や企業がよりすぐれたサービスを低コストで提供できるようになるのもよい部分です。社会の構成員同士が相互に監視できるようになれば、犯罪をするインセンティブが低下し、よいことを行うインセンティブが高まります。

◆ユビキタスで完全な監視社会の実現
監視が強化されすぎる問題点ユビキタス社会の利点を監視される側も生かして相互監視に持っていくことで解決する必要があるでしょう。誰もが適切な範囲で適切な監視を行える完全な監視社会の実現を目指すべきです。そのために、細かい問題を確実に解決して行きたいですね。

◆ユビキタス社会は便利な遠隔操作
ユビキタス社会では人間同士が相互監視をできるだけではなく、産業用ロボットや家電などをいつでもどこでも適切にコントロールすることが可能になります。国外から産業用ロボットをコントロールして工場を運営することさえ理論的には可能になるでしょう。遠隔操作で手術ができるようになったり、介護ができるようになったりして高齢化社会にはありがたいことも多いです。

◆ユビキタス社会の問題点は便利さの裏返
それでも、ユビキタス社会には問題点が多いのです。というより、ユビキタス社会の問題点は便利さの裏返しなのです。便利なユビキタス社会の技術を使って、悪いこともいくらでも出来るのです。ユビキタス社会を支える技術は軍事用として開発されるものが大半ですので、敵国を出し抜くことや敵国にダメージを与えることにさえ使えるものです。この技術を個人や組織が使ってできることもかなり大きいでしょう。

スポンサードリンク



コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』関連エントリー

◆ユビキタス社会の実現のための規制緩和 2013年1月26日に経済産業省が、スマートフォンを使って外出先からエアコン・掃除ロボット・加湿器などの家電製品を遠隔操作できるようにするため、電気用品安全法(...
ユビキタス社会の問題点を再び考えてみましょう。ユビキタス社会がすこしずつ実現しつつありますね。自宅の家電を遠隔操作できるアプリが入ったスマホの流通が広がっていることはその象徴です。このように一般市民に...
ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)も、信者とアンチが発生しやすいテーマです。現在、信者とアンチがインターネット上で激しく攻防しているテーマは、原発事故処理、...
ユビキタス社会の問題点を一言でいうと、「すべての悪事が今までにないスピードでできる」ことです。これは逆にユビキタス社会において、よいことも今までにない速さで行えるという利点と考えることもできます。悪事...
●ユビキタス社会の問題点を課題に。 ユビキタス社会の到来自体はほぼ確実である。 現在も少しずつ確実に進んでいる。 抵抗しても無駄である。 建設的な批判が必要とされる。 そのためユビキタス社会の問題点を...
●ユビキタス社会の問題点は解決すべき課題 ユビキタス社会の到来自体はほぼ確実である。現在も少しずつ確実に進んでいる。そのためユビキタス社会の問題点は解決すべき課題としてのみ考える。 ・ユビキタス社会の...
インターネット社会の未来は、監視者の手にゆだねられています。インターネット社会の未来を予想するために強烈なデータを取り続けている監視者は、あなたに何をすると思いますか?
●プロバイダは、インターネット業界黎明期の花形ビジネス● 日本のプロバイダの草分けはIIJ。 IIJは、一般的な消費者を対象としていなかったので、非常に高価格なプロバイダでした。 その後、ベッコアメイ...
●インターネット業界と自動車業界● インターネット業界は、百年前の自動車業界と比べられることが多い。 インターネット業界も自動車業界と同じくアメリカを発祥の地とする。 そして、新たな成長業界として注目...
『ユビキタス社会の問題点は監視社会化?』関連エントリー記事

◆ユビキタス社会の実現のための規制緩和
2013年1月26日に経済産業省が、スマートフォンを使って外出先からエアコン・掃除ロボット・加湿器などの家電製品を遠隔操作できるようにするため、電気用品安全法(電安法)の解釈を見なおして規制を緩和する方針を固めた。安全上 の問題から家電の遠隔操作を原則禁じていたが、家電製品の安全性が高まったことと遠隔操作が一般的に普及しつつある事を考え、今春に通達を改正することとなった。電機メーカーなどが、スマートフォンと連携した家電開発により業績復活をすることを視野に入れている。
◆ユビキタス社会の実現を阻む問題点
電気用品安全法(電安法)は、家電が原因の火災や感電などの問題を防止することなどを目的に昭和37年(1962年)に施行されたものです。当時は、当然スマートフォンを使ってインターネット経由で安全に家電を遠隔操作することは想定しようがなかった。そのため、人の目がない所で家電を操作することで大きな問題につながると考えられて、原則禁止になっていた。
◆ユビキタス社会の実現のために加速中
ユビキタス社会の実現のための問題点としてよく指摘される法律の問題がひとつ解消されそうです。議論の余地がないほど、当然の流れなので、法改正を伴わず経済産業省の通達の改正で対処するようですね。ユビキタス社会の実現のための問題点は、このように最速で解決していって欲しいですね。国民の間でも、不景気を脱出するために、ユビキタス社会の実現を図る技術の開発に関する規制緩和に好意的な意見を持つ人が増えているようです。
◆ユビキタス社会で遠隔操作されるべきもの
遠隔操作をする、ということは外からチェックできるということですね。鍵やガスの元栓などの状態を屋外からチェックできるのは非常にありがたいですね。特に、病的なほど神経質な人は年間で数十時間の節約になるでしょう。駅からの帰り道で、お風呂を準備できるようになれば、ありがたいですね。さらにユビキタス社会の進化が進めば、時間指定をして遠隔操作でご飯を作ることもできるでしょう。このレベルになると、冷蔵庫や調理ロボットなど複数の家電を連携させる必要も出てくるので、技術的な課題や法的な問題点もたくさんありそうですね。

ユビキタス社会の問題点を再び考えてみましょう。ユビキタス社会がすこしずつ実現しつつありますね。自宅の家電を遠隔操作できるアプリが入ったスマホの流通が広がっていることはその象徴です。このように一般市民にまでユビキタス社会の恩恵が浸透してきた時の問題点は、一般の素人よりはるかにユビキタス社会を支える技術に詳しい人間が、その知識を悪用することで可能になることが膨大に増えることです。

さらにその上をいく知識を持つ人間が、セキュリティの仕組みをしっかり作ることによって、この問題点は解消できるはずですが、限度があります。ユビキタス社会を支える技術を持つような人は、「オタク」のようなイメージで見られる事が多く、なめられることが多いです。それがエスカレートすると「社畜」や「犯罪者予備軍」のように酷い扱いをされてしまいます。

そうなると、特にものすごい技術を持つ人は、それらの待遇に不満を持ち、どんどん社会から離れていきます。そして、社会から離れてもユビキタス社会においては、大きな力を発揮することができます。コンピュータウイルスを使った冤罪事件などは、その象徴と言えそうですね。そういった脅威から社会を守るために、「正義のハッカーを育成するプロジェクト」などが行われています。

日本はユビキタス社会の初期段階の技術レベルにおいても、十分に国家機密を守れていません。日本の周辺国のスパイたちがインターネットを使って国家機密を奪っている可能性が指摘されています。インターネット以外のスパイ対策も甘いので、ユビキタス社会化が進行するに連れ、脆弱性が相乗効果で爆発的に高まってしまうでしょう。


 >   >  『ユビキタス社会の問題点は監視社会化?』のページ上部へ↑
 >  『ユビキタス社会の問題点を課題として解決していく』カテゴリー記事一覧へ
『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
カテゴリーをチェック
最近の記事
  • auのCA004って機種の保険サービスについて
    ◆auのCA008(CA004に訂正)って機種の保険サービスについて 携帯の事で聞きたい事があって。教えて下さい。 auのCA008(CA004に訂正)って機種の保険サービスに入ってて、月300円払え...
  • 当ブログ訪問者のその他の検索キーワードランキング
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 当ブログの人気キーワードランキングベスト10
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • カテゴリー名・説明文の変更と「悪と正義のコピペ」について
    [「 インターネットの未来~web2.0を超えて~」のアクセス解析]というカテゴリー名を「このブログのアクセス状況」に変更します。「インターネット社会の未来【インターネット社会の未来とは?】」というカ...
キーワードランキング
『インターネットの未来』の関連キーワードをリストアップ!