ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

スポンサードリンク



« 2013年01月26日 |
『『インターネットの未来』』サイトトップ
2013年01月29日 »

最新記事【2013年01月27日】

◆ユビキタス社会の実現のための規制緩和
2013年1月26日に経済産業省が、スマートフォンを使って外出先からエアコン・掃除ロボット・加湿器などの家電製品を遠隔操作できるようにするため、電気用品安全法(電安法)の解釈を見なおして規制を緩和する方針を固めた。安全上 の問題から家電の遠隔操作を原則禁じていたが、家電製品の安全性が高まったことと遠隔操作が一般的に普及しつつある事を考え、今春に通達を改正することとなった。電機メーカーなどが、スマートフォンと連携した家電開発により業績復活をすることを視野に入れている。
◆ユビキタス社会の実現を阻む問題点
電気用品安全法(電安法)は、家電が原因の火災や感電などの問題を防止することなどを目的に昭和37年(1962年)に施行されたものです。当時は、当然スマートフォンを使ってインターネット経由で安全に家電を遠隔操作することは想定しようがなかった。そのため、人の目がない所で家電を操作することで大きな問題につながると考えられて、原則禁止になっていた。
◆ユビキタス社会の実現のために加速中
ユビキタス社会の実現のための問題点としてよく指摘される法律の問題がひとつ解消されそうです。議論の余地がないほど、当然の流れなので、法改正を伴わず経済産業省の通達の改正で対処するようですね。ユビキタス社会の実現のための問題点は、このように最速で解決していって欲しいですね。国民の間でも、不景気を脱出するために、ユビキタス社会の実現を図る技術の開発に関する規制緩和に好意的な意見を持つ人が増えているようです。
◆ユビキタス社会で遠隔操作されるべきもの
遠隔操作をする、ということは外からチェックできるということですね。鍵やガスの元栓などの状態を屋外からチェックできるのは非常にありがたいですね。特に、病的なほど神経質な人は年間で数十時間の節約になるでしょう。駅からの帰り道で、お風呂を準備できるようになれば、ありがたいですね。さらにユビキタス社会の進化が進めば、時間指定をして遠隔操作でご飯を作ることもできるでしょう。このレベルになると、冷蔵庫や調理ロボットなど複数の家電を連携させる必要も出てくるので、技術的な課題や法的な問題点もたくさんありそうですね。

ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める

インターネット社会の未来を担う、ユビキタス社会の問題点と利点を分析して意味を見出します。スマートシティ構想とも呼ばれる理由となっている特徴をメリット・デメリットの両面から分析します。


このページの上部へ↑
『ユビキタス社会の問題点・利点、スマートシティ構想の特徴(メリット・デメリット)がインターネット社会の未来を決める』サイトトップ
まずは最新記事をチェック↓
  • ユビキタス社会の実現のための規制緩和のニュース
    ◆ユビキタス社会の実現のための規制緩和 2013年1月26日に経済産業省が、スマートフォンを使って外出先からエアコン・掃除ロボット・加湿器などの家電製品を遠隔操作できるようにするため、電気用品安全法(...
  • カテゴリーをチェック
    最近の記事
    キーワードランキング
    『インターネットの未来』の関連キーワードをリストアップ!